ヴェゼルのフルモデルチェンジ情報!2020年12月から2021年3月発売予定!

ヴェゼルはフィットをベースとしたコンパクトSUVとして2013年に登場、大ヒットをしました。

そのヴェゼルがフルモデルチェンジをして2020年末から2021年3月頃に登場するといわれています。

これはホンダのモデルが6年から8年の区切りでフルモデルチェンジを実行していることから予想されています。

外装

クーペスタイルSUVスタイルが引き継がれるのは間違いないでしょう。

現行ヴェゼルはフィットのプラットフォームを流用していました。

今回もフィットをベースにつくるものと予想できますね。

最近のホンダ車の傾向としてフロントフェイスを変更、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を採用するとみられています。

もしかしたらフィットと同じく、柔らかいデザインになる可能性があるのでは、と思っています。

ボディカラー

基本的に現行モデルと同等のものが用意され、例えばオレンジ系メタリックなどイメージカラーとなる新色も追加されるでしょう。

2トーンカラーはブラックルーフの採用があるかもしれません。

新型ヴェゼルは、新型フィットのプラットフォームを流用。現行モデルもフィットの流用となっています。

エンジン

ガソリンエンジンは、1.5L直列4気筒i-VTEC NAと1.6L 直列4気筒i-VTEC ターボがラインナップされそう。

排気量1.0Lでターボエンジンを搭載したダウンサイジングになると言われています。

ハイブリッドモデルは2基のモーターとリチウムイオンバッテリーを搭載したほとんどの走行シーンでEV走行が可能なを採用すると思われます。

e:HEVは2020年2月にフルモデルチェンジしたフィットにも採用されています。

Honda SENSING(ホンダ センシング)が搭載され、コネクティッド化するでしょう。

ヴェゼルの派生車種が投入される可能性

スライドドアを組み合わせたモデルになる可能性も。

種類 直列3気筒
排気量 1.0L
最高出力 94kW/6,000rpm
最大トルク 219Nm/2,500rpm
全長4400mm
全幅1790mm
全高1590mm
ホイールベース2610mm
重量1350kg
エンジン1.5L+モーター
最高出力109ps/6000rpm
最大トルク13.7kgm
モーター出力131ps/27.2kgm

ハイブリッドグレードは15万円高くなると考えられます。

先進予防安全技術、運転支援システムの「ホンダ・センシング」は全車標準装備となりそう。

ホンダは発売前にティザーサイトを公開するのが恒例であるため、新型発表は2020年10月頃にされる可能性があります。

ホンダは、2020年に市場投入するグローバルモデルに「ホンダアーキテクチャー」と呼ばれる手法を活用した技術を導入させることを2019年5月の事業方針説明会にて発表しています。

2019年5月の事業方針説明会にて2020年にグローバルモデルを市場投入すると明らかにしていることから、このグローバルモデルこそが新型ヴェゼルの可能性が予想できます。

タイトルとURLをコピーしました